🌐 ▽

誰がAtelier St. Loupの後ろに隠れていますか?

ブランド

もともと、ナントを拠点とするスタイリストのIsabellePierrèsは、小物のアクセサリーやユニークな革製品を自分で開発しています。

もともと少数の友人で構成されていた、バイヤーの特権的な輪はすぐに真の忠実な顧客への道を譲り、パーソナライズされた、コーディネートされたオーダーメイドのオブジェクトを取得することができてうれしいです。

すぐに注文書がいっぱいになり、Isabelleの機密活動を実際のワークショップの仕事に変えることが必要かつ論理的になります。

その後、他の2人がこのプロジェクトに参加しました。彼の同伴者であるグラフィックデザイナー兼イラストレーターのMichel Le Pageと、デジタルマーケティングの起業家であるパリの長年の友人Jean-Philippe Marie de Chastenayです。

彼らはクリエイティブでモダンなプロジェクトへの欲求を共有しながら、伝統的なテクニックの真正性、新しくて現代的なアプローチによるハイエンドの職人技、ブランドとワークショップStのコンセプトから生まれた彼らの反省と議論を共有します。オオカミ

>ワークショップ:

私たちの働き方は、現代性と伝統的なノウハウを組み合わせたものです。

現代的で非常に機能的なデザイン、仕上げ、最新の色、ビジュアルユニバース、そして当時のコミュニケーションプラットフォームとネットワークのブランドイメージを備えたモデル...

並行して、各項目は皮の厳密な配置から来ます、切断は捜索皮およびはさみで手動で行われます、スナップのリベット留めと取り付けの作業は鋳鉄機械で一つずつ実行されます。 '古い、刺す機械だけが機械化されていて、つつくことと仕上げは手でされます。

私たちは、さまざまな記事を幅広く提供しており、常にワンピースまたは非常に限定されたシリーズで提供しています。

地元の製造業(すべての製品はフランスのロワールアトランティックのナントにある私たちのワークショップで製造されています)を利用することにより、フランスのサプライヤーは、製品をデザインすることを心がけています非常に質の高い、私たちは持続可能でクリーンな生産への信念を確認します。

常に更新されている一連のモデルとスキンは、St Loupブランドのアイデンティティとコンセプトを形成し、現在とは対照的に、中小規模の限定シリーズを販売することを可能にします。通常提案されている製品の一般的な均一性

事前に定義された部品カタログを提供するのではなく、私達は私達が協力しているそれぞれの店に私達の提供を適応させます。販売場所の精神に同意する

私たちのプロのためのオーダーメイドの作品は、私たちが好きな人すべてに美しい製品の品質と愛を目の前に置くことを目的としています。完全にワークショップに存在するチームの仕事に基づいている私たちの動作モードは大きな柔軟性、構想と実現の間の直接のリンク、そして生産によるプロトタイピングの実行のスピードを可能にします。

私たちの品質基準とコストへの一定のアクセシビリティに対する私たちの絶え間ない関心は、ハイエンドでパーソナライズされた記事でさえ私たちのアプローチを創造的で競争力のあるものにします:機関ギフト、ケータリングやホテル業界のアクセサリー、美術館、文化センター、イベント&時間厳守のイベント...